バイナリーオプション『ボリンジャーバンド』の見方


バイナリーオプションをする人はボリンジャーバンドを見ている人が多いと思います。
私が以前買ったシグナルツールもボリンジャーバンドのプログラムが組まれていました。

ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線と、その上下 に値動きの幅を示す線を加えた指標のことをいいます。
移動平均線を中心として上下に6本の線があり、ごちゃごちゃしてなんじゃこりゃと思う人もいると思います。
しかし6本の線にはそれぞれ意味があります。
移動平均線に近い所から上にあるのが1σ、2σ、3σの順番に並んでいます。
移動平均線に近い所から下にあるのが-1σ、-2σ、-3σと順番に並んでいます。

それぞれの意味としてはローソク足がσの中に収まる確率を表しています。
1σに収まる確率 約68.3%
2σに収まる確率 約95.4%
3σに収まる確率 約99.7%
とボリンジャーバンド広くなるほどローソク足が枠内で収まる確率が高くなります。

またボリンジャーバンドには3つの動きがあります。
①バンドウォーク
 バイナリーオプションは基本的には逆張りを狙うトレーダーが多いと思いますが、このバンドウォークは
 逆張り泣かせです。
 バンドウォークはボリンジャーバンドの線にローソク足がくっついたまま動きます。
 シグナルツールでもバンドウォークには気を付けるようにとの説明があるほどです。
 例えば逆張り狙いで、エントリーして負けたからといってマーチンをしたら永遠に負けます。
 バンドウォークの見極めが難しいのはバンドウォークが始まった時には分からずらく、気づいたら結果バンドウォークになっているというところです。

②スクイーズ
 搾る、押しつぶすという意味で、売りと買いが均衡して値幅が狭くなり、価格が収縮します。
 レンジ相場になりやすく、個人的には高値と底値が分かりやすいので逆張りがやりやすかったです。

③エクスパンション
 拡大・拡張といった意味で、ボリンジャーバンドの両面が外側に広がっていきます。
 価格が一定方向に強く動くので順張りが狙えるポイントにもなります。
 スクイーズの後に起こりやすいとも言われます。

ボリンジャーバンドは次足を狙うには優れているかもしれません。
しかしバンドウォークもエクスパンションも起こった直後は見分けるのが難しいです。
ほかのオシレーターとうまく組み合わせて勝率を上げる事がベストです(´・ω・`)


 






(出典 money-campus.net)

(出典 www.sevendata.co.jp)

(出典 hi-prettyfx.com)

(出典 bitcoin-talk.info)