常に子どもには親として平常心でいたいと思いつつも、ついつい感情的になってしまうこともある……。そんなエピソードが、小3の女の子と年長と2歳の男の子を育てる龍たまこさんのブログ「規格外でもいいじゃない!!」で紹介されています。

【画像】漫画を全て読む

 たまこさんの長男「そうま」くんはもうすぐ幼稚園を卒園! ということで、「卒園文集」の原稿を親子で書くことに。しかしそうまくんは書くことが苦手でなかなか進まず、締め切りが迫ります。焦ったたまこさんはお手本を書いてあげたりアドバイスしたりしますが、どうにもこうにもやる気になれないそうまくん。

 夕方の忙しい時間帯、時間を割いて付き添っているのに「書きたくない」「めんどくさい」とやる気を見せないそうまくんの態度に、とうとう堪忍袋の尾がブチっと切れ、「もういい!」「出さなくていい!」と原稿を取り上げ、「自分でもよくわからないくらい怒ってしまった」と振り返るたまこさん。

 怒り心頭お母さんに泣き出すそうまくん、そのやり取りを見ていた長女すみれちゃんに「そんな言い方するから余計書きたくなくなるんだよ」と大人な目線で諭されても、「だってそうまが!」と感情が高ぶったたまこさんは駄々をこねてしまいました。その後、原稿はすみれちゃんがそうまくんに付き添ってなんとかなり、たまこさんもあとからしっかりそうまくんに謝ったそうです。

 「自分の小ささを思い知った」「娘のほうが人間ができている」……と反省するたまこさんですが、子どもを思うがゆえに一生懸命なのに、肝心の本人がそれに答えてくれないもどかしさや憤りがつのり、怒りすぎと分かっていても、うまく落ち着いて客観的に自分を見ることができないとき、ありますよね。特に自分に余裕がないときは起こりがち。

 世のお母さんたちの多くが経験しているのであろうこんな出来事。筆者も身に覚えがありすぎて日々反省しきりです。母親も人間、完璧ではない、だけど失敗したら反省して次に生かせばいい……そんなことを考えさせられるエピソードなのでした。

出典:ライブドアブログたまこ「規格外でもいいじゃない!!」

ねとらぼGirlSide/かのん

面倒くさがる息子に対し、激怒してしまった母……感情をセーブできなかったエピソードに「身につまされる」と共感が集まっています


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

子供が子供を育てる図


子供を産み育てようが親の本質は変わらない。でなきゃ周りのじぃばぁ共は皆聖人になってる筈です。


ご飯作るのがめんどくさいからさぼるといいですよ まるっと1日


めんどくさいからさぼることがいかにまわりに迷惑をかけるのかを身をもって学習させるといいです


親も人間。それだけだ。


真摯に子育てをする親は普段からストレスを溜めるからなあ…… かあちゃんまじすんませんでしたぁ!


昔、(幼稚園児ぐらいのガキの頃)親父に「そんなにめんどくさいなら息するのもめんどくさいやろ!やめちまえ!」て怒鳴られたこと有ったなあ、親父に怒鳴られたのそれ一回きりだった(ちなみにまだ存命)よっぽど腹にすえかねたんやろなあ(  ̄- ̄)


典型的毒親


自分が小児の頃、どれほど聞き分けがよく理想的な子供だったのか……思い出補正を完全に廃して忘れたかったことも含めて思い出しなさい


子供は何よりも押しつけを嫌うものだから・・・


俺も幼稚園の頃から文集とかは苦手だった。子供心にも「別に書きたいこともないのに無理やり適当に書かされて誰が喜ぶんだ?意味あるのか?書かされてるだけのこれが”俺の”文集なのか?」とか思ってやる気でなかったなー。めんどくさい子供だったなぁ・・・。


これを毒親と言う奴はどんな聖人に育てられたんですかね。まあ聖人だったとしても子育て失敗してるみたいだけど。


この話とはあんまり関係ないかもしれんが、「みんなで○○さんに応援のメッセージを」とか「〇〇さんに感謝のお手紙を」とかその手の作文は総じて嫌いだったな。まあモノが卒業文集なら書いてもいいだろうが、テーマ次第ではつい本音が出ちまうこともあるわな。


ちいさい子は言いたい事が上手く言葉にできないのをめんどくさいって言っちゃうんだよね。何を感じていてその感情になんて名前をつけるのか、一生付き纏う問題の第一歩。


そもそも息子の態度がアレなんで、褒められた事ではないがしょうがない面もある。親とて、親である前に一個の人間。理不尽な怒りではないし自分的に問題視はしないなぁ、つーか娘さんが出来た娘過ぎだこれっ?


子供と一緒に親も成長するんだよ。他人に教えるコトで自身の習熟度の確認にもなるのは仕事でも同じ。


親になれば親の気持ちも分かるよ。そして子供の気持ちは忘れている。