「ドット来い、超常現象」「なぜベストを尽くした!?」 本日発売「あつまれ どうぶつの森」で“阿部寛”を作った人に称賛の声



 3月20日に発売となったNintendo Switchゲームソフトあつまれ どうぶつの森」で、俳優・阿部寛さんのドットアートを“目コピ”で作り上げた人が称賛されています。何を言ってるのか分からないと思いますが、阿部寛さんを「あつまれ どうぶつの森」で作っています。

【画像:どうぶつの森にいる阿部寛】

 投稿者はグラフィックデザイナーイノウエ(@fdd776)さん。「阿部寛ドット打ってたら5時」と、「あつまれ どうぶつの森」のドット絵デザインできる機能「マイデザイン」を使って、阿部寛さんのホームページに掲載されているアーティスト写真を再現しました。

 再現されたドット絵はどう見ても阿部寛さんにしか見えないハイクオリティーなもので、イノウエさんはこれを6枚製作。作成報告のツイートには20万2000件を超える“いいね”が寄せられている他、「表示速度早そう」「ローディング0ですぐ地面に表示できそう」とホームページを意識したコメントが寄せられている他、「ドット来い、超常現象」「なぜベストを尽くした!?」「仲間由紀恵さんとセットでどうぞ」と阿部寛さんが出演した「TRICKシリーズ」を意識した声も上がっています。

イノウエさんに聞く「なぜ阿部寛を作ったのか」

 ねとらぼ編集部ではイノウエさんを取材し、「なぜ阿部寛を作ったのか」を聞いてみました。

――なぜ阿部寛さんを作ろうと思ったのでしょうか。

イノウエ:いつも一緒にゲームをしている仲間内で、「キャラクタークリエイトができるタイトル阿部寛を作る」という遊びがありまして、今回の「どうぶつの森」ではキャラクリエイト阿部寛に寄せるのは序盤では難しそうなのでマイデザイン阿部寛リティ阿部寛らしさ)を高めようというところで制作しました。

 ちなみに「どうぶつの森シリーズだと、過去にもマイデザインで「八つ墓村へようこそ」という目コピドット絵を自分の村の入り口に配置したりしたことがあります。

――阿部寛リティ、初めて聞く言葉です。今回はどうやって作ったのでしょうか。

イノウエ:目コピです。3月20日0時からダウンロード版がプレイ可能になり、4時間ほどは普通にプレイしてました。「寝ようかな~」というタイミングで「ちょっとマイデザインを触っておこう~」と。目コピ作業は1時間ほどでした。

 3月20日の13時からはスマートフォンNintendo Switch Onlineアプリ上から、過去作のマイデザインQRコードを読み込んで「あつまれ どうぶつの森」へダウンロードできる機能が追加されたので、Web上にあるどうぶつの森マイデザインQRコード作成サイトなどを経由すれば今は目コピしなくても自作の絵や写真をマイデザインに持ってこられるようになりました。

 しかし自分は、アプリが使えるようになる前にマイデザインを作っておきたくて目コピしていた感じです。

――目コピへのこだわり、あらためて素晴らしいと感じます。ところで現在のゲーム内での返済状況はいかがですか。

イノウエ:今回は序盤で素材集め等があるためゆっくりめです。まだ1万ベルしか返してないです。

 なお、イノウエさんは現在、前述のNintendo Switch Onlineアプリを使って、用意しておいた“島の名前”のマットを配置。6人の阿部寛さんの下には「トロッとキリッと黒霧島へようこそ」と書かれたウエルカムマットが敷かれています。

(Kikka)

阿部寛さんが配置された島(画像提供:イノウエさん)


(出典 news.nicovideo.jp)

カミカゼ

カミカゼ

すげえw(小並感)