こんな上司は嫌!「相談しても“俺の時はな…”」「経験もないのに“俺の名前を出していいから”」



トンデモ上司のエピソード

上司が原因で仕事が捗らないことは多い。その原因のひとつに、上司のコミュニケーションスキル不足が挙げられる。技術職の30代男性の上司は、

「他人経由で指示をする」

という。直接伝えてもらえないことで、齟齬が生まれる可能性もある。そうかと思えば、オラオラ気質の上司に辟易するケースも少なくない。営業職の30代男性は、

「『俺に任せろ、俺の名前を出していいから買ってもらえ』と営業経験もない上司が出しゃばってくる。何の力もないため、邪魔で仕方がない」

という。しかも、「部下に友だちのように振舞い、悪ノリの冗談も言ってくる。でもこちらかすれば上司なので、下手なことも言えずにストレスがたまる」と不満をこぼしている。それ以外にもキャリコネニュース読者から寄せられたエピソードを紹介する。(文:鹿賀大資)

質問したら「理解できていない。この仕事は任せられない」と言い出す

販売・サービス職の20代女性が綴るのは、かつて新卒で入社した職場の元上司についてだ。女性が質問や説明をしても、意図をまったく理解してもらえなかった。それでも、ご丁寧に説教をしてくるという。

「こちらが説明している途中であっても、『これはこういう話でこれが正しい』と決めつけてくるので、とにかくそこから先の話がまったくまとまりません。何度説明しても伝わらず、こちらから質問したら『理解できていない。この仕事は任せられない』と言い出す始末」

ようやく決定した方針も何日か経つと忘れてしまい、また同じことを繰り返す。女性は、

「上司の下で働いている人だけが、部署内でも異常なくらい残業時間がかさんでいました。だから他の人も同じような目に遭っていたのだと思います」

とこぼす。「この人には何を言っても無駄なんだ」と無力さを感じ、嫌気がさして2年で退職した。

「聞く気がないくせに、相談に乗っている風の“いい上司”感を出してくる」

技術職の30代女性は、身勝手な教育担当者について明かす。何かにつけ高圧的な態度をとる人で、まったく会話もなかったという。

「熟練者でなければできないレベルタスクを振られました。結局はできなかったものの、『他の人の方が早い』という理由で、1週間もかかって作ったものを内容を見ることなく消されました」

営業職の20代女性は、職場にいる上司陣について綴る。女性が相談を持ちかけると、一応は話を聞くスタンスを見せるという。しかし、

「いざ真面目な話を始めると、大抵が『俺の時はな』などと自分の話にすり替える上司が多い。こちらの話など鼻から聞く気がないくせに、相談に乗っている風の“いい上司”感を出してくる」

という。見た目ほど内実が伴わない“羊頭狗肉”とは、まさにこのことだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「上司のコミュニケーション能力に不満はありますか?」【新型コロナ】ドラッグストア・スーパーで働いている人の声募集に関するアンケートを募集しています。



(出典 news.nicovideo.jp)