人間の目には見えないUFOが存在する?レーダーにとらえられた3件のUFO遭遇事案(イギリス)



ufo-3014638_640_e

024-657-834/pixabay

 空飛ぶ円盤が世界で最初に目撃されたとされる1947年以降、実に多くの種類のUFOに遭遇したという報告が挙げられている。

 中には、実際にUFOに誘拐されたと主張する人や、UFOの着地を見たという人もおり、昔も今も、その存在は謎のままだ。

 だがUFOの中には、人間の目には見えないタイプのものもあるらしい。レーダーにはしっかりとらえられているのに、肉眼で確認しようとしても、人間の目では確認することができないというものだ。

―あわせて読みたい―

ジョン・レノンはUFOを目撃し、宇宙人と接触していた?
45年前にアメリカで起きたUFO拉致事件(アブダクション)の現場に記念碑が設置される
UFOの目撃情報と関連して報告されるエンジェルヘア現象とは?
ブラジルにUFOが着陸していた!?漁師2人の詳細な目撃情報が今明かされる(1995年)
UFOなの?宇宙カメラのライブ映像で国際宇宙ステーションを追い続ける飛行物体が捉えられる
真実を求めて...昨年、アメリカでのUFO目撃情報が急増していた件

目には見えないUFOが存在する!?

 通常、「UFO目撃」「UFOに遭遇」となると、実際に目に見えたものの報告が多い。地上レーダー未確認飛行物体が確認された時も、同時に空に確認追跡のパイロットがその物体を目撃していれば、UFOの存在についてまだいくらか説得力があるというものだ。

 しかし、UFOレーダーでのみ観測される事例については、視覚的には全く証拠がないために、ますますミステリーであり、まるで一部のUFOが人間の目から故意に姿を消す特殊な能力を持っているかのようにさえ思えてしまう。

 実際にそんなケースイギリスで過去に起こったのだ。では、その3件の例を見ていこう。

1.1949年8月の観測例

 故J.R.オリバーという人物の報告書によると、1949年8月、イギリス空軍は最新の防空攻撃に対してブルドッグ作戦という戦略を試みている最中に、不思議な物体がレーダー上に姿を現したという。

 当時、レーダー防衛チェーンは、イギリス南西部コーンウォール州ランズエンドから南海岸に沿ってスコットランドの北まで伸びており、海面からの高度約10万フィート(約30480メートル)を観測していた。

 レーダー防衛の監視の目を抜けて何かが飛行するなどということはほとんど不可能な状態だったにも関わらず、奇妙な物体がレーダー上に観測された。

 その物体は、南海岸とほぼ平行に西から東へと飛んでいたそうだ。

radar-153679_640_e


 その後、物体は南東部ケント州の端の地点に到達すると突然北へと進路を変え、テムズ川の河口に近付いた。

 しかしその時、レーダーエリア内で衝突が起こり、レーダー範囲から消えてしまったが、プロット間の時間と距離から物体の速度を評価することができた。

 その結果、物体は高度5万フィート(約15240メートル)近くを時速約4800kmに近い速度で飛行していたことが発覚した。

 また、サイズに関してはレーダー操作の経験豊かな要員によると、15000または20000トンほどの大型旅客船もしくは貨物船と同様であることが報告されたという。

 大型の飛行物体はその後再びレーダー内に現れたが、イースト・ライディング・オブ・ヨークシャーのベンプトン基地に近付くと、突如物体は速度を上げ、高度10万フィートの地点で画面外に消え、上に飛行して行ったことがわかった。

 いくつかの軍事基地のレーダー管理者は、この謎の巨大飛行物体について注意深い追跡を試みたが、結局このUFOは目に見えることなく、レーダー観測上のみの遭遇となった。

germany-1700194_640_e

olafpictures/pixabay

2.1952年9月の観測例


 ウィリアム・マグワイアという男性の報告によると、1952年9月、イギリス空軍でレーダー管理部に勤務していた彼は、ケントサンドウィッチ基地UFOに遭遇したという。

 メカニックとして働いていたマグワイアさんは、レーダー上にミステリアスな物体が出現したことについて、上司から「測定値を適切に調整しなかった」という非難を受けた。

 しかし、それはマグワイアさんたちメカニックのミスではなかった。レーダー上に、軍艦と同等の質量を持つ巨大な物体が信じられないほど上空に観測されたのだ。

 結局、この事例も軍機によって追跡が試みられたものの、視覚的に検出されることはなかったそうだ。

clouds-1209877_640_e

Free-Photos/pixabay

3.1957年3月の観測例


 ウエスト・ミッドランズのウォリックシャー州にあるローフォード教会基地から異常な物体の目撃報告がなされたのは、1957年3月26日のこと。

 レーダー上には、その物体が時速2253km以上のスピードで移動している様子が観測された。

 静止状態から突然この速さで動いた物体の説明は、当時も今もはっきりとわかっていないが、実際に空には何も現れておらず、レーダー上のみのUFO遭遇例として取り扱われている。

References:Mysterious Universeなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52289017.html
 

こちらもオススメ!

UFO宇宙人についての記事―

かつて火星に生命は存在したのか?火星の土壌から地球のキノコ「トリュフ」の成分が検出される。(米・独研究)
真実を求めて...昨年、アメリカでのUFO目撃情報が急増していた件
UFOなの?宇宙カメラのライブ映像で国際宇宙ステーションを追い続ける飛行物体が捉えられる
宇宙人の構造物!?夜空から忽然と消えたいくつもの星の正体
地球外生命は魚が腐ったような臭いがする可能性(米研究)

―知るの紹介記事―

マンモスの骨で作られた2万5000年前の謎めいたボーンサークルが発見される(ロシア)
カモメが人間の持っている食べ物を狙う理由。カモメは人間の食べ物がおいしいことを学習していた(イギリス)
退職した元医師や看護師が、新型コロナウイルスで困っているニューヨーク市民を助けるためボランティア活動に奔走
移植手術後の免疫問題を解決してくれるか?狡猾ながんの免疫回避メカニズムを模倣したマイクロ粒子が開発される
1989年のイギリス人技術者たちが予測した2020年に起こること
人間の目には見えないUFOが存在する?レーダーにとらえられた3件のUFO遭遇事案(イギリス)


(出典 news.nicovideo.jp)