『あつまれ どうぶつの森』でお気に入りの映画を再現するファンがSNSを賑わす。『シャイニング』『ミッドサマー』『リング』など力作多数



 あつまれ どうぶつの森では、ゲーム内に搭載されている「マイデザイン」や、たぬきちから配布されるスマートフォンカメラ機能を使ったさまざまな力作が日夜SNSに投稿されている。特にスマートフォンに搭載されたカメラにはフィルター機能もあり、一風変わった島の姿を表現することができる。

 目を引いたのは「The Crossing」と名付けられたスクリーンショット。映っているむらびとは笑顔で斧もゲームではありふれた道具だが、それらが組み合わさり、モノクロフィルターがかかるとまさにホラー映画のワンシーンになる。

 タイトルが似通っていることから、大変有名なシーン斧が登場する映画シャイニングパロディなのかもしれない。同作を好むプレイヤーは多いようで、別の人は同作に登場する双子がテーマスクリーンショット公開していた。

(画像はAG氏のTwitterり)

 話題作のパロディも公開されている。Name this movie.」(この映画に名前をつけて)と書かれているが、おそらくこれはミッドサマーだろう。田舎村ホルガの幻想的な風景や親切な住人たちは、どこか『どうぶつの森シリーズに通じるものを感じさせる。

 公式を巻き込んで話題になった作品もある。日本ではまだ公開されていない映画『Portrait of a Lady on Fireパロディだ。映画系メディアシネフィルによれば、本作はカンヌ国際映画祭で最優秀脚本賞を受賞し、メガホンを取ったセリーヌ・シアマ監督は女性監督として初めてクィアパーム賞に輝いたという。このほか、パラサイト 半地下の家族』の配給も行ったNEONも画像をツイートしている。

(画像はXiaoyi氏のTwitterより)

 人類は余暇があるからこそ文化を発展させてきたという研究があるそうだが、スローライフを送る『あつまれ どうぶつの森』はまさに文化的活動を行うのにぴったりなゲームだと思える。ゆったりとした生活を送りながら、さまざまな創造を行うのも楽しそうだ。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros


(出典 news.nicovideo.jp)