職場の中高年に困惑「ブランク30年で実質素人なのに偉そう」「パワハラして文句を言わせない」



態度のでかい中高年

職場にいる働かない中高年に不満を持つ人は少なくはない。中には態度が横柄で後輩を見下したような言い方をする人もいるようだ。サービス・販売職の40代女性はある中高年社員に間違ったことを指摘したところ、

「俺にそういうこと言わない方が良い」

と開き直られ、謝罪もなかったという。

なぜそのようなことを言ってはいけないのか、根拠がないだけに納得がいかないだろう。女性は「新しい仕事を教えてもやらない、ミスの後始末をしても感謝の言葉すら言わないのは社会人としてどうなのか?と思います」と疑問を投げかける。(文:林加奈)

「若い保育士に対して命令が多く、働かないおばさん同士が固まってしゃべる」

保育士として働いている40代女性は、保育士経験約3年の50代の女性について語る。「保育士不足で給料がいいからと保育園に就職してきた」というその女性は

「現場から30年余り離れていれば、素人も素人。保育日誌はもちろん、連絡帳もまともに書けない。でも若い保育士には命令が多く、『今の若い保育士は~』と愚痴を言う。自分は子どもとかかわることもなく、同じ年代の働かないおばさん同士が固まってしゃべる」

都心部では、なおも保育士不足が続いている。それでも現場で求められているのはきちんと働く保育士ではないだろうか。30年もブランクがあったのなら、一から仕事を覚える姿勢を持ってほしいものだ。

難しい仕事が回ってくると「家族会議で退職を検討します」

建築・土木技術職の50代男性の職場には「楽な仕事しかしない」人がいる。

パワハラを行うことにより文句を言わせない。主任クラスの仕事しかできないので、仕事を教えることもできない。が、新しい業務に取り組む若手社員の業務が進まないと激怒しまくり、いじめが始まる」

これだけでも社会人としていかがなものかと思うが、その中高年の暴走はまだ続く。

「多少難易度の高い業務が自分にまわってくると『家族会議を開いて退職するか決めます』と取締役に真顔で発言する始末」

退職をちらつかせるのは脅しにもとれる。おそらく「辞められたら困る」と思われていることを自覚しているのかもしれない。しかし、そうした働かない中高年に対して「早く退職してほしい」(50代女性/医療職)と思っている人がいることも忘れてはならないだろう。

※キャリコネニュースでは引き続き「働かない中高年への不満」【新型コロナ】ドラッグストア・スーパーで働いている人の声募集に関するアンケートを募集しています。



(出典 news.nicovideo.jp)