「エスパーウィーク」は自宅で新ポケモン捕獲のチャンス 家で遊ぶ「ポケモンGO」まとめ



 スマートフォンゲームPokemon GO」(ポケモンGO)で3月27日エスパータイプポケモンがいつもより多く出現する「エスパーウィーク」が始まりました。ポケモンGOは本来、外を歩く位置情報ゲームですが、今は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防のため、家の中でのプレイを推奨しています。この機会に「自宅で新ポケモン図鑑登録」に挑戦しました。

【その他の画像】

 今回のイベントでは、新たにイッシュ地方ポケモンユニラン」「ゴチム」が登場しています。事前情報では、日中に「ゴチム」、夕方以降は「ユニラン」が出現するとのことでしたが、初日の昼間はどちらも出現していました。

 今、おこうは普段より長い1時間有効になっていて、ポケモンの出現頻度も上がっています。ニアバイに未登録ポケモンの影を見つけたので、試しにポケモンを引き寄せる「おこう」を使ってみたところ、1つめのおこうで見事、ゴチムユニランが現れてくれました。

 ゴチムユニランはどちらも2回進化するので、たくさんアメを集めておきたいところ。その他にもエスパーウィークの対象ポケモンルナトーン」や「バネブー」「スリープ」「ネイティ」などが、ほぼ1分ごとに出現しました。

 またイベント期間中は、野生や2kmタマゴで、上記のポケモンたちに加え、「ケーシィ」「ラルトス」「ヤジロン」「ソーナノ」「ダンバル」なども出てきます。タマゴのふ化距離も半分になっていますから、2kmタマゴなら1km。食料調達などちょっとした外出でもタマゴが割れるのはありがたいです。

 Nianticは、3月26日に「家で完了できない一部のフィールドリサーチのタスクを一時的に削除する」と発表しました。このためエスパーウィークの限定タスクも「ネイティを5匹捕まえる」(報酬はヤジロン)、「ケーシィを1匹進化させる」(報酬はヤドラン)など、おこうがあれば家の中で進められる内容になっています。

 エスパーウィーク3月30日(月)の午後10時まで。初実装となった色違いヤジロンもおこうで狙いたいと思います。

 最後にポケモンGO新型コロナウイルス感染症対策を改めてまとめておきます。大変な時期ではありますが、ゲームで息抜きをしながら乗り越えましょう。

アプリ内のショップでは、週替りで1ポケコインのボックスを販売。先週はおこう30個(終了)、今週は「モンスターボール100個。いずれも購入は1回限り

・1日に開けることができるギフトの数が30個、保持できるギフトの数も20個に増加。ポケストップからギフトが出やすくなり、ギフトからはいつもより多くモンスターボールを獲得できる

3月25日から「伝説レイドバトル」で復刻する予定だった「ルギア」は中止。「ゴバルオン」レイドが31日まで延長(ボルトロスも出現)。4月1日から「ランドロス」が登場予定

・毎週水曜日に開催していた「レイドアワー」中止。毎週火曜日の「スポットライトアワー」、毎週木曜日の「ふしぎなボーナスアワー」は再開

・3月の「GOロケット団」のスペシャルリサーチ悪の組織に立ち向かえ」は4月末まで延長。サカキを倒すと「シャドウエンテイ」が登場

オンラインマッチング機能付き対人戦「GOバトルリーグ」を1日5セットまで歩かずにプレイできる

ゴチム


(出典 news.nicovideo.jp)