落ち着きがないと言われるのはどんな人? 最多は10代女性という結果に



パニック(deeepblue/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

多くの人にとって、緊張する場面に出くわすことは一度はあるだろう。プレゼン、大学受験、就職活動の面接…。こうした、人生や今後を左右する大きな出来事に遭遇した際、緊張のあまり落ち着きを失い、いつもの実力を発揮できなかった、という人もいるのかもしれない。

実際にどれくらいいるのだろうか。

画像をもっと見る

■多くの人は落ち着いてる?

しらべぇ編集部が、全国の10~60代の男女1733名を対象に調査したところ、全体の18.7%が「落ち着きがないと言われる」と回答した。

落ち着きの調査

緊張する場面などがあっても、落ち着きを取り戻し平静でいられる人が多いのだろうか。

なお、男女別では男性18.9%、女性18.5%。大きな差は見られなかった。

関連記事:キャッチボールをしたことがある? 最多は10・50代男性

■10代女性が最多

さらに、年代別に見ると、10代女性が4割近く。

落ち着きの調査

大学受験などを控え、緊張で落ち着いていられない時期があることを考えると、うなずけるだろう。

■年収別では…

年収別で見ると、傾向が見えてきた。年収が上がるにつれ、割合は低くなっており、特に1,000万円以上だと2割未満に。

落ち着きの調査

日頃、責任のある仕事を任されることが多いだけに、ちょっとやそっとのことでは動揺しないのかもしれない。

・合わせて読みたい→おもしろTシャツは持ってる? 年収別に見ると興味深い傾向も

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年10月28日2019年10月30日
対象:全国10~60代の男女1,733名(有効回答数)

落ち着きがないと言われるのはどんな人? 最多は10代女性という結果に


(出典 news.nicovideo.jp)