日本人には「マネーの勉強」が必要。税のプロに聞く「副業・iDeCo・NISA」



 新型コロナウイルスの影響で、世界的に経済不況の波がやってこようとしている。これからの時代、単にお金を貯めるだけでは、豊かな老後が過ごせるとはいえない。

お金 コイン
イメージです(以下同じ)
日本一フリーランスに優しい税理士」を名乗る税理士の大河内薫さん(37)は、YouTubeなどの動画発信を通じて、高年収フリーランスや若手ビジネスマンと日々向き合っている。

 今回、bizSPA!世代の若手ビジネスマンが知っておきたい確定申告や副業の実例などの「マネーの常識」について、大河内さんに話を聞いた。前中後編の3回におよぶインタビュー。第1回はYouTuber税理士として独立するまでの話を聞いたが、第2回となる今回は、日本人のマネーリテラシーについて大河内さんが抱く危機感を直撃した。

日本が沈没したら投資先が潰れる

――大河内さんはYouTubeでマネーリテラシーを啓蒙する動画を投稿されてますね。

大河内薫(以下、大河内):そうですね。税金だけじゃなくてお金全般をテーマに扱うようにしてます。日本人て保守的で、投資や資産運用を考える人は少数です。その一方で自分の年金が株式投資で運用されている事実を知らなかったりする。

 今の世界ってインターネットのおかげで日本以外の、アメリカでもどの国でも簡単に情報にアクセスできる時代になってます。そんな時代に日本円しか持ってないのは、日本に一極投資しているのと同じ。だから日本が沈没したら投資先が潰れることになります。

 わずか1社の株だけ持ってて、その会社が潰れたら、株券が紙くずになるのと一緒です。投資をしてない人は「自分は日本に一極投資しているのと同じ」と気づいてほしいです。

脱サラよりもまずはマネーの勉強を

大河内薫
大河内薫さん
――日本に住んでいる以上、そこに一極投資しがちだと思いますが、何かまずいですか?

大河内日本は泥舟とまでは言わないけど、歴史上初めての超高齢化社会を迎えるわけで、今後大きな上向きは期待できないと思います。

 目に見えて将来性のない会社が株式市場にあったら、素人でも買わないですよね? もちろん、日本で過ごす以上、ある程度の日本円は必要だけど、そこに一極投資するのはどうなのかと疑問を持つことが大事です。そうすると「ドルを持つ」「元を持つ」という選択肢も出てくると思います。

 で、今この話を聞いて、実際に投資を始める、日本円以外を持つ行動に移せる人は、ある種「勝ち組」なんです。

 日本で投資をしてる人って20%もいないから、この話をしても「でも、みんな持ってないじゃん」で終わってしまう人がほとんど。有事になってから買っても遅いので、ぜひ一歩踏み出して欲しいです。

「iDeCo」や「NISA」は効果あるのか?

――投資の第一歩として、安定的に資産形成できる「iDeCo」や「NISA」はどうですか?

大河内老後資金2000万円問題もあってiDeCoやNISAが注目されてますが、そこで「同僚がやってるから何となく私もやる」程度の考えの人はやめたほうがいいと思います。

 たとえば、iDeCoは自分年金なので、いったん始めると基本的に解約不可です。現時点で税金がある程度高い人はiDeCoが節税になるので、そういう人にはおすすめできます。

 でもbizSPA!読者世代の20代だと、日々の生活費でカツカツで投資にまでお金を回せない人もいると思います。投資はあくまで余剰金でやるものだから、iDeCoへの投資よりまずは副業などを考えて欲しいですね。

――先ほど自ら言っていましたが、iDeCoは節税効果もありますよね?

大河内iDeCoに節税効果はありますが、節税ありきで投資をすると本末転倒です。iDeCoにせよ、NISAにせよ大事なのは、それが何なのかわかってからやることです。

 また、この話とは無関係ですが、不動産や保険などで過度に「節税効果」をうたった商品は基本、無視したほうがいいと思います。なぜなら、そもそも商品に魅力がないから節税を推しているケースが多いからです。猛烈に営業をかけてくる商品は、節税云々関係なく無視していい。良いものなら営業しなくても売れますから「向こうからやってくる話に美味い話はない」と肝に命じるべきですね。

副業をするときに気をつけることは?

副業

――副業をするときに気をつけることはありますか?

大河内僕は副業をおすすめしていますが、脱サラしてフリーランスになることは全然推奨してないんです。サラリーマン最大のメリットは「俺、副業めっちゃ向いてるわ」という人は、脱サラしてフリーランスになれるし、向いてない人はそのまま会社員として副業を続けられることです。だから選択肢を残しておくというのはめちゃくちゃ重要です。

 東京商工リサーチの調査だと「会社の寿命は平均23年」と出ていて、二十歳で入った会社は理論上43歳で潰れます。必ず第二の人生、転職を考えるチャンスがあるので、その時に投資や副業で月5万円でも入ってきたら、何もやってこなかった人とは雲泥の差が出ます。

 だから勉強して危機感を持ってほしいんですが、一方で社会人の1日の平均勉強時間は6分と言われている(※総務省統計局「平成 28年社会生活基本調査」)。冷静に考えてヤバいですよね。「じゃあ何を勉強したらいいの? 語学?」とよく聞かれるのですが、僕がおすすめするのはお金について学ぶことです。

「税金の仕組み」「どうやって今より稼ぐか」などマネーリテラシーを上げると、なぜ金持ちが積極的に投資、資産運用をしているのか理解できるようになる。そういう世の中の仕組みを理解すると、これが一番効率がいいとわかるようになるので、それをぜひやってほしい。たとえば社会人になった直後からマネーについてを学べば、すぐに他人と差がつきます。勝ち組になりたかったらそこだと僕は思います。

何も考えてないと40~50代がひもじくなる

――会社の寿命が23年というのは、なかなか厳しいですね。

大河内終身雇用が崩壊し、今の20代って逃げ切れない世代なので、何も考えてないと40~50代になったら、相当ひもじい思いをすることになります。

「でも周りに危機感ある人なんて誰もいないよ」と思うかもしれませんが、将来、まわりの全員が貧乏になると思ってください。今後、経済が上向きにならないのに給料が上がるわけないし、社会保障制度を安定させるため税金は上がるでしょう。一般人が思ってるほど優しくない状況になると思います。

 東京オリンピックで一瞬だけでも日本経済を延命させるはずが、新型コロナショックで五輪景気が相殺されてむしろマイナスになってしまった。世界同時株安も訪れるし、その時にしっかり投資できる人が勝つんです。株価が下がれば絶好の買い場です。

 もちろんどこが株価の底値かは誰にもわからないし、どう買えばいいか、何を買えばいいかについてはお金の勉強を日々しておくべきです。口座を作るにも1週間はかかるし、事前に準備しておくのが重要です。

怪しいツイートを見破るためには?

犯罪者イメージ

――お金について学んで投資に取り組むのが大切なのですね。一方でお金を増やそうと思ったら騙されるケースもあると思います。たとえばTwitter上で、怪しげな現金プレゼントキャンペーンが行われてNHKでも取り上げられました。

大河内ZOZOTOWN創業者の前澤友作さんのような突き抜けた本物のお金持ちは別ですけど、顔も名前も事業内容も会社名もわからない、そんな人のお話は簡単には信じないほうがいいです。そういう悪い人たちは「情弱」を狙って、情弱リストを取って裏の世界でリストが回ってます。

 それと全部がウソではないと思うけど「楽して稼げる」「簡単に稼げる」といった話も大体ウソです。「結果として楽に稼げること」はあるかもしれないけど、そこにたどり着くまでに努力は必要です。

 たとえば「YouTubeで楽して100万再生できる方法、セミナー30万円」とかあったら間違いなくウソです。僕が知りたいくらい(笑)。それが本物ならとっくにみなさんやっています。

 せっかく投資で5万円儲けても、情弱だとカモにされて巻き上げられてしまう。それには自分自身を守る力が重要で、その最たるものがマネーリテラシーです。世の中、他人を騙そうとする人は意外と多いので甘い幻想は捨てたほうがいいです。

 今はYouTubeでいろいろ学べますが、そこでも本物を見極める力は重要です。何なら僕の発信すら鵜呑みにしないでいいくらいです。あくまで信じられるのは自分と普遍的なマネー知識と思ってください。

<取材・文/栗林篤 撮影/詠シルバー祐真>

大河内薫(おおこうち・かおる)】
税理士。株式会社ArtBiz代表取締役日本大学芸術学部卒。Twitter:@k_art_u。「税知識をカジュアルに」をモットーに、YouTubeTwitterで一般向けに税知識を発信。日本では稀な芸術学部出身の税理士として、クリエイターや芸術・芸能系のクライアントに特化。夢は税教育を義務教育に導入すること。YouTube大河内薫の税金チャンネル」は登録12万人超。著書に『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』(SANCTUARY BOOKS)

【栗林篤】

元IT企業のサラリーマン株主優待と家賃収入で細々と暮らすフリーライター。著書に『サラリーマンのままで副業1000万円』がある

※イメージです(以下同じ)


(出典 news.nicovideo.jp)

BCTA

BCTA

ヒトの金で儲けようとしてるヒトの話