バイきんぐ・小峠が「なんて日だ!」を言わない理由 「カンペ出たらやるけど…」



バイきんぐ・小峠

キングオブコント2012』で優勝し一躍人気芸人になったバイきんぐ小峠英二西村瑞樹コント中の小峠の「なんて日だ!」と嘆くツッコミは彼の代名詞となっている。

29日に最終回が放送され11年半の歴史に幕を閉じた『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)では、これまで準レギュラーとして出演してきた小峠がゲスト側で登場し、前述の「なんて日だ」を使わなくなった理由について明かした。

◼大人気の小峠

結成24年目のバイきんぐ。番組制作陣からは、「的確なツッコミで場を締めてくれる」「ハゲだけど笑顔がカワイイ」と高評価を得ている。

2018~19年の年末年始テレビ出演本数では、国民的アイドルグループ・嵐のメンバー二宮和也と同率1位に小峠が輝くなど、大躍進を続けてきた。

関連記事:R−1が盛り上がらない理由は「松本人志の不在」か TVがピン芸人を求める理由とは

◼「なんて日だ」を避ける理由

キングオブコント』優勝直後は各所で「なんて日だ」を求められ、フラれ続けた小峠だが、ある時期を境に自分からは口にしなくなったと明かした。

後輩のアルコ&ピース・平子祐希は「4年前ぐらいから、(フラレて)すげぇイヤな顔を隠さなくなった」と指摘。これに小峠は「違う。ウケないんだもん」と本音を漏らす。

「カンペが出たらやるけどウケない。カンペを出したディレクターさんも笑ってねえんだから。どこに向かって(やればいいのかわからなくなった)」と嘆いた。

◼約2割が「流行に手を出す」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,328名を対象に調査したところ、全体の18.4%が「興味はないけど、流行しているから手を出したものがある」と回答している。

テレビ制作陣は流行りだからという理由で、小峠に「なんて日だ」を乱発させた。そうして『キングオブコント』で一気に流行った「なんて日だ」というフレーズはあっという間に消費されてしまったのかもしれない。

廃れてしまった「なんて日だ」を小峠が言いたくないのも理解できるというものだ。

・合わせて読みたい→博多華丸とバイきんぐ小峠が好きな女優を巡り口論 「お前より俺のほうが好き」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年11月17日2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

バイきんぐ・小峠が「なんて日だ!」を言わない理由 「カンペ出たらやるけど…」


(出典 news.nicovideo.jp)

無尽君

無尽君

今となっては共演者の方が言ってる罠。

ミスリルAg

ミスリルAg

ウケなくても「トゥース」をやり続ける男、オードリー春日