マツコの番組でも話題に!愛知の赤字水族館が大復活できたわけ



 愛知県蒲郡市にある竹島水族館は、珍しい深海生物や飼育員による個性豊かなポップなどが評判の人気スポット。

さわりんプール
深海魚と触れ合える展示が常設されている
 2019年には来館者数約40万人を数え、バラエティ番組『マツコの知らない世界』で取り上げられるなど、いまや日本全国から注目を集めています。

 しかし、人気を集めるまでには「さまざまな試行錯誤もありました」と、館長の小林龍二さん(39歳)は話します。ジリ貧状態にあった地方の小さな水族館が、復活を遂げるまでの道のりを追いました。

子供の頃から魚に関わる仕事がしたかった

 岩手県にある北里大学水産学部(現・海洋生命科学部)を卒業後、地元にUターン就職した小林さん。漁師の祖父を持ち、幼い頃から魚に囲まれていたため「将来は水族館で働きたいと思っていました」と語ります。

「小さい頃から近くの川で魚を獲ったり、おこづかいで買った金魚を眺めたりして過ごしていました。友だちがサッカー選手や宇宙飛行士に憧れているそばで、僕はただ一人『水族館で働きたい』と言い続けていて。給料をもらいながら、魚に関わる仕事に就きたいと考えていました。

 ただ、夢が叶ったものの楽しく過ごしていたのは、入社から3か月ほどでした。だんだんと現状が分かるにつれて、不安が込み上げてきたんです。僕が入った当時、竹島水族館は来館者数が約15万人でした」

 一見、多いようにも思えますが、「当館は採算ラインが22万人」(小林さん)。明らかに足りていません。そこから「自分たちが楽しんでいるだけでは魚たちもかわいそう」と思い始めたそうです。

若手の頃はなかなか意見が通らなかった

ダイオウグソクムシ
お客さんの素朴な疑問に答えるポップ。痒いところに手が届くような内容となっている
 竹島水族館の実情に危機感をおぼえた小林さんは、入社1年目から改革案を積極的に出していました。しかし、周囲にいたのはベテランの飼育員ばかり。当初は自分の未熟さが壁となり「思うようにいきませんでした」と打ち明けます。

「例えば、僕から『水槽の中をよく観察できるように、裏側に見学ルートを作れば』と提案しても『それはいいから、魚の名前を覚えなさい』といわれたり、聞く耳を持ってもらえなかったんです。入社5年目くらいまではずっとその状況が続いていて、正直、仕事へ行くのが嫌で辞めようと思った時期もありました。

 風向きが変わってきたのは、その後からでしたね。街でも『竹島水族館が危ない』という噂は流れていて、先輩たちの転職や退職が目立つようになってから、自然と自分の意見が通るようになっていっていきましたね。

 地元の漁師さんから食用ではない魚を買い取り、深海生物と直にふれあえる『さわりんぷーる』を作ったり。他の水族館でみた案内をヒントに、限られた予算内で魚たちの生態を伝えようと、画用紙で手描きポップを作ったりと、みんなで一丸となり少しずつ工夫を重ねていきました」

客足が戻るようになった「丸坊主」宣言

タカアシガニ
タカアシガニは近くで見るとなかなかの迫力。もちろん触れる
 努力は実を結び「8年ほど前から客足が戻ってきました」と話す小林さん。転機となったのは、2011年。もちろん職員の同意の上で「今年度の入館者数が16万人に達しなかったら、男性職員丸坊主になる」と宣言し、一躍注目の的になったといいます。

2010年の来館者数が12万人と過去最低を数えたので、決意のために発表したら新聞やテレビで大々的に取り扱ってくれたんです。そこからお客さんたちが足を運んでくれるようになり、飼育員たちにもやる気がみなぎってきて。

『自分たちが飼って満足するだけではなく、いかにお客さんに楽しんでもらえるか』を柱に、施設の改装を本格的に進めていきました」

V字回復の先にある新たな課題

魚暦書
「魚暦書」と銘打ったPOP。1枚1枚丁寧に手書きで仕上げる
 2015年に35歳で館長に就任してからもお客さんを楽しませるアイデアは尽きません。現在では、お客さんになりきったスタッフが、来館者の会話や水槽を見ている様子を観察し、改善に役立てたりと、努力を続けてこられたのは「地元の水族館に勤めたから」だと振り返ります。

「仕事を続けながら、だんだんと地元への愛着がわいてきましたね。実家から通っていたので、辞めたいと口にしたときも家族から『簡単に逃げ出すな』と言われたり、地元の先輩から水槽の作り方などを教えてもらえたことも大きかったです。他に逃げる場所がなかったというのも原動力のひとつだったかもしれません」

 大人や子どもの笑顔が溢れるようになった今、小林さんは新たな課題と向き合っています。

「現状に満足しているかといえば、けっしてそうではありません。2019年は40万人以上のお客さんに来てもらえましたが、成績がよくなった一方で、僕たち自身の努力が追い付いていないという危機感もあります。

 来場者数を落とさずにさらに多くの人に足を運んでもらうのは課題で、苦難を乗り越えてきた経験を糧に、さらに楽しんでもらえるような環境を作っていきたいと思います」

 V字回復を遂げたことで「失敗ができない状況になってきた」と、現状を俯瞰する小林さん。今後も私たちにどんなロマンを届けてくれるのか。竹島水族館の先行きから、目が離せそうにありません。

TEXT/カネコシュウヘイ>

【カネコシュウヘイ】

フリーの取材記者。編集者デザイナーアイドルエンタメサブカルが得意分野。現場主義。私立恵比寿中学BABYMETALさくら学院ハロプロアンジュルムJuice=Juice、カンガル)が核。拙著『BABYMETAL追っかけ日記』(鉄人社)。Twitterは@sorao17

深海魚と触れ合える展示が常設されている


(出典 news.nicovideo.jp)