東大卒プロゲーマー「ときど」はいかにして生まれたか――ゲームは毒にも薬にもなる



 ゲームスポーツ競技として捉える「eスポーツ」が盛り上がりを見せている。近年ではプロスポーツ選手同様、eスポーツで生計を立てる「プロゲーマー」が新しい職業として国内でも認知されはじめていることは、「プロゲーマーウメハラ」の葛藤――eスポーツに内在する“難題”とは」や「“元祖プロゲーマー高橋名人が明かす「日本のeスポーツの課題と戦略」」などでお伝えしてきた。

【その他の画像】

 ひとえにプロゲーマーと言っても、その経歴はさまざまだ。中には、東京大学を卒業してプロゲーマーになった人もいる。今回取り上げる「ときど」さん(34)だ。ときどさんは麻布高校在学中の17歳のときに世界一格闘ゲームの大会「EVO」で優勝。以後、幾度にもわたって世界一タイトルを獲得している世界のトッププレイヤーの1人だ。

 そのプレイスタイルは屈指の“理論派”として知られ、自身が編み出した合理的なメソッドファンの間から「ときど式」と呼ばれる。だが、その「ときど式」をもってしても勝てない、スランプの時期が1年近くあったという。

 その後ときどさんは、「ときど式」を改良したメソッドである「新・ときど式」を考案。そこには、アジャイルや垂直統合化、PDCAサイクルなど、現代のビジネスに通じる考え方が生かされている。この考え方をまとめた書籍『世界一プロゲーマーがやっている 努力2.0』がダイヤモンド社より発売中だ。

 なぜ東大卒の若者は「プロゲーマー」として羽ばたいたのか。香川県議会では「ゲームは1日60分まで」というゲーム依存対策の条例が可決されるなどゲームを巡ってはさまざまな論争もあるなかで、ときどさんはゲームeスポーツの課題をどのように捉えているのか――。ときどさん本人がITmedia ビジネスオンラインの取材に答えた。(一部、敬称略)

●最初は全く勝てなかった

――格闘ゲームとの出会いは。

 出会いは「ストリートファイターII」(ストII)でしたね。ゲームセンターにあるアーケード版ではなく、家庭用のスーパーファミコン版のほうでした。最初は人対人という感じではあまりやっていなくて、いかにしてベガというボスを倒すか、ということを友達と集まってワイワイやっていた感じですね。

――そこから格闘ゲームに思い入れを持つようになったのはどんなきっかけがあったのですか。

 みんなでストIIで遊んでいたのが小学校1、2年生ぐらいのときだったんですが、小3のときに横浜の金沢文庫に引っ越したので、一緒に遊んでくれる友達がいなくなっちゃったんですね。それからは、沖縄のいとこと長期の休み中に帰省した際に対戦することが楽しみでした。

 いとこが5歳上だったので、最初はボコボコにされたんですが、横浜で半年間練習して、帰省したときにもう一度対戦してみると、結構いい勝負ができるようになったのがのめり込むきっかけだったと思います。

――アーケードゲームプレイするようになったのはいつからだったのでしょうか。

 中学受験が終わった小6のときからですね。ですから、ほとんど中1からと言っていいと思います。最初は駄菓子屋に置いてある筐体で遊んでいました。その後、都内に通学するようになってゲームセンターにも行き始めた感じです。それで、大会にも出場するようになった形ですね。

――そのころは、どのような姿勢で格闘ゲームに臨んでいたんですか。

 とにかく大会で勝つぞ、と。それだけに集中していましたね。ただ相手は大人の方ばかりだったので、財力も違えば知識量でも向こうに分があり、なかなか勝てませんでした。

 地元のゲームセンターでは勝てるようになっていたので、強いプレイヤーが集まるゲームセンターに遠征して強いプレイヤーと対戦していましたが、やっぱり最初は全然勝てなくてショックを受けていましたね。

●父の一言「お前はチャレンジしなさいよ」

――そこから「ときど」として格闘ゲーマーの間で有名になっていきます。何がそうさせたのでしょう。

 それからもずっとゲームをやり続けていて、高1になると全国大会にも出るようになります。ただ本当はそのときにゲームをやめようと思っていたんですよ。受験があるから。でも全国大会で負けちゃって、超悔しかったんです。「絶対俺のほうが強いのに、何で負けたんだろう」と考えているうちに、結局やめられませんでした。

 高2のときにアメリカ(米国)の「EVO」という大会に出場することになったんですが、さすがにこれを区切りに受験に専念しようと考えました。このとき親に、「これ終わったら勉強するから行かせて」って頼み込みました。

――そして「EVO」で優勝するわけですね。しかし受験前にもかかわらず、よく行かせてもらえましたね。

 正直、反対されるかなとも思いました。でも、あとで分かったことだったんですが、父は海外をもともと怖がっていた人だったんですけど、仕事で留学してみたらとてもいい体験だったそうなんですね。それで僕にとっても「きっといい経験になるだろう」ということで、むしろ快くお金を出してくれました。

――なかなか理解のある親御さんですね。

 アメリカの大会で優勝して帰ってきたときには、とてもびっくりして、本当に喜んでくれました。

――その後ときどさんは東大に進学され、大学院にも進みます。大学院では研究に行き詰まる一方、ゲームの方ではプロ契約の話が持ち上がります。プロゲーマーになることをどのように決断したのですか。

 正直、東大まで進んだのに、不安定な道を選んでいいのかという思いもありました。ここまで育ててくれた親にも申し訳ないという気持ちもありましたね。そこで思い切って父にも相談してみたんですが、実は父がかつてミュージシャンを志望していたことが分かったんです。父は大学の先生(編注:東京医科歯科大学の名誉教授)で、幼いころから「お堅く、真面目で、神経質な人だな」っていう感じが付きまとっていたので、とてもびっくりしましたね。

 それで、「俺は夢を諦めたけど、お前はプロになれるんだったらチャレンジしなさいよ」と言ってくれたんです。これが決め手になって、大学院をやめてプロになることを決意しました。親父はやっぱり「すごい人だな」って思います。

●勝ち続けるための努力を惜しまな

――プロゲーマーウメハラさんもプロになる際、両親の理解に助けられたと話していました。

 僕もやはり親が後押ししてくれたことが大きかったと思っています。本当にラッキーだった……。両親には心から感謝しています。

――ちなみにですが、プロゲーマー以外の就職も大学院のときは考えていたんですか?

 考えていました。でも、ゲームをやる時間がある職業がいいな、とゲーム中心で見ていましたね。例えば公務員とかそういった仕事でしょうか。ゲームのために定時で帰れる仕事とか、そういう選び方でしたね。

――こうしてときどさんは2010年にプロになるわけですが、eスポーツの現状についても伺いたいと思います。プロゲーマーとして昨今のeスポーツの盛り上がりをどのように捉えていますか。

 今のところは大いに注目を集めてもらっているので、運がいいなと思っています。僕自身や僕らゲーマー側が意識して呼び水になったかというとそうではないので、盛り上げてくれる人がいるということなんだと感じます。

 ですから、プロとしてできることは、その熱が引かない努力をすることだと考えています。具体的には、試合で勝ち続けるための努力を惜しまないこと。これはプロに求められる仕事の大部分だと考えています。

 努力し続けることの大切さは、プロになるまでやってきたことと何も変わりません。

――格闘ゲームの場合、新しいタイトルが登場するとキャラの性能などゲームそのものががらっと変わってしまいますし、そのタイトルの人気がいつまで続くかという問題にも直面すると思います。ここが一般的なスポーツ競技と大きく異なるところだと思いますが、この辺りはどのように考えますか。

 おっしゃる通りで、その人気タイトルがいつまで人気かというのが分からないですから、その不安は絶対にぬぐえないですよね。

 ゲームの内容に関しては、これは僕個人の考えでしかないんですけど、プロゲーマーゲーム作りには参加できない職業だと思っています。ゲームを使って競技をしている以上、プレイヤールール作りにまで口を出すというのはフェアではないからです。

――先ほどプロゲーマーとしてできる大部分のことは勝ち続けることだとおっしゃいました。残りの部分で、できることがもしあるとしたら、何があると考えていますか。

 勝ち続けるだけでは、ゲームのことを既に知っている人にしか通じません。野球やサッカーのように人気が完成したものであれば、それだけでもいいと思います。

 もちろん、eスポーツの世界も野球やサッカーに負けないぐらい華やかなものだとは思っていますが、そのことをもっと多くの人に知ってもらいたいと考えています。ですから、プロとしてできる残りの部分は、「eスポーツという世界があって、僕らはこういうふうに真剣に取り組んでいて、こういう熱い思いを持って格闘ゲームをやっているんです」っていうことを、まだeスポーツを十分に知っていない人たちに向けて発信していくことなんじゃないかと思っています。

ゲームは毒にも薬にもなる

――プロゲーマーの第2の仕事は、インフルエンサー的役割ということですね。

 それをやらないと、僕としても後悔すると思います。なぜなら今のような状況は、僕自身が作ったものではないからです。注目が集まらなくなったときには、もう活動を続けられないじゃないですか。だったら注目してもらえているうちに、その注目を持続するために必要なことは、自分からやらないと駄目ですよね。

――日本のeスポーツの進展についてはどう捉えていますか。

 今は協会(日本eスポーツ連合)もできましたし、かつて懸念されていた、国内のeスポーツ大会に高額賞金が出せない問題にも解決の糸口が見え始めています。そういう意味では良くなってきているのかなと思いますね。

――近年ではeスポーツを学校の部活に取り入れる動きも盛んです。一方で香川県議会では「ゲームは1日60分まで」というゲーム依存対策の条例が可決されるという動きも出てきています。これらの動きをどう見ますか。

 部活に取り入れられるのは本当にいいことだと思いますね。ただ、指導者がまだ少ないのが問題です。

 例えばニュースで、「ゲームをやっていると学力が低下する」というアンケート結果が出たりしますが、これは当然だと思います。もちろん、ゲームプレイヤーが熱中しやすいように作られたものなので、そういう一面は確かにあると思います。しかし、一生懸命ゲームに取り組むことによって、とてもいい仲間たちと出会えたり、攻略を考える上で発想力や数的能力が必要なので、そういう能力も培っていけたりします。ゲームは毒だけでなく薬にもなり得るのです。

 それこそゲームに限らずスポーツや部活にのめり込めば、学力が下がるのはある意味で当然なわけですが、他のスポーツや部活がそういった批判に晒(さら)されにくいのは、きちんとした指導者がいるからだと考えています。

――ときどさん自身は指導者になる道は考えていないのですか。

 まだそこまで考えられていないというのが正直なところです。というのも、eスポーツってまだ安泰とは言い難いですし、いつこの熱がさっと引いてしまうかは誰にも分かりませんから。

 ただ、今後もeスポーツそのものの盛り上げに貢献するという意味で言えば、その一つとして指導者というのはありかもしれないですね。ゲームでこんなに真剣になって頑張っている人がいるんだということを世の中の人にもっと知ってもらうために、いつか指導者という道を考えるようになるのかもしれません。

――ときどさんにとってゲームとはどんな存在なのですか。

 真剣にやる価値のあるものだと捉えています。そういう意味では、かつての僕はゲームをなめていたのだと考えています。プロになってスランプに陥るまで、僕は一個一個のタイトルに集中せずに、4つや5つのタイトルを並行して取り組んでいました。

 今は「ストリートファイター」に集中して取り組んでいますが、「ストリートファイター」だけでも、やろうと思えばまだまだ全然できるところがあって、それを実現する過程で本当にいろんなところまで深く考えなきゃいけないんですよ。ゲームってやり込みがいのあるものなんだと思います。だから「ゲームって結構いいもんなんだよ」ということをもっと多くの人に知ってもらいたいですね。

(河嶌太郎)

関連記事の後編「東大卒プロゲーマーときど」はスランプに陥っていた――ウメハラからの助言、そしてたどり着いた「努力2.0」」では、ときどさんがいかにしてスランプを乗り越えたかに迫ります。ウメハラさんから掛けられた言葉など面白い内容になっています。お見逃しなく!

「ゲームは毒だけでなく薬にもなり得る」と語るときど


(出典 news.nicovideo.jp)