「マリオ」の声優、19年前に出演した別のゲームの演技を振り返る。『シャドウ オブ メモリーズ』でシリアスな役を怪演



 スーパーマリオブラザーズマリオルイージワリオなど、シリーズの主要キャラクターたちの声を演じてきたのがチャールズ・マーティネーだ。マリオとして出演した作品は100本を超えギネス記録にもなっているが、そんな氏が数少ないながらもほかの作品にも登場していることをご存知だろうか。

 その作品のひとつが、2001年に発売されたシャドウ オブ メモリーズ』である。マーティネー氏はTwitter上で自身の演じたキャラクターの映像とふたたび出会い、「19年前???アアアアアアア!!!」と絶叫するツイートを投稿。そのマリオとまったく異なる演技にふたたび注目が集まっている。

 『シャドウ オブ メモリーズ』は、2001年コナミからリリースされたPlayStation 2アドベンチャーゲームだ。タイムトラベルを題材としており、プレイヤー主人公アイクとして自身の死の運命を変えるためにさまざまな時代へと旅をする。

 ゲームはほぼリアルタイムで時間が進んでいき、特定の時刻でなければ遭遇しないイベントも多数。死の要因を取り除き、生き残ることが目的だ。過去の選択が未来に影響を及ぼすなど、物語が多層的に構成されたストーリーを筆頭にゲームの評価も高く、名作との呼び声も多い。

 チャールズ氏が演じたのは、ゲームの主要人物のひとりであるホムンクルスプロローグでの語りの主であり、高圧的ながらアイクアドバイスする、物語の鍵となる人物だ。マリオとはまったく違うキャラクターであり、演じる声もマリオと同じ人だとはなかなか信じられない。そんなキャラクターだけに、氏の印象も深かったのだろう。

(画像はニンテンドーeショップ『スーパーマリオ オデッセイ』より)

 マーティネー氏はもともと映画やテレビで俳優として活動していた人物で、マリオを知ったのは配管工の声優としてトレードショーに出演するための任天堂オーディションの話を友人から聞いたときだという。オーディション会場へと向かったマーティネー氏だが、すでにオーディションは終了。機材も撤去が進んでいたものの、最後の候補としてなんとかオーディションを受けることに成功し、マリオの声を演じることになった。

 それゆえに俳優方面でもさざまな作品に出演しており、またゲームにおいても、「生涯無敵流」や「漢イベント」など奇妙な世界観が強烈な印象を生んだ『ライジング ザン ザ・サムライガンマン主人公ザンの師匠「マスタースズキ」や、The Elder Scrolls V: Skyrimドラゴン「パーサーナックス」の声を演じてきた。

 少し年を重ねると、以前自分がプレイしたゲームがいつの間にか十年以上前の作品になっていて驚くことがある。自身が演じたキャラクターであればそれ以上の驚きがあるのかもしれない。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros


(出典 news.nicovideo.jp)

すみ

すみ

こりゃまた懐かしいゲームが・・・同じ声優さんだなんて気付かなかった