NO.8716595
男性巡査部長が飲酒追突事故、通報せず立ち去る…相手の運転手軽傷負う
男性巡査部長が飲酒追突事故、通報せず立ち去る…相手の運転手軽傷負う
青森県警本部に所属する40歳代の男性巡査部長が今年6月、飲酒して軽乗用車を運転し、追突事故を起こしたうえ、通報せずに現場から立ち去った疑いがあることが30日、県警への取材でわかった。

調べに対し、巡査部長は飲酒運転したことを認めているという。

県警は、巡査部長を自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致傷)と道路交通法違反(事故不申告)の疑いで書類送検する方針。

県警によると、巡査部長は6月26日午後4時頃、同県十和田市の国道4号で飲酒運転して赤信号で停止中の乗用車に追突し、そのまま逃げた疑い。

追突された車の運転手は、首に軽傷を負った。

巡査部長は当日は休みだったという。



【日時】2020年08月01日
【ソース】読売新聞
【関連掲示板】





#9 [匿名さん] :2020/08/01 18:18

>>0
最近の警察官は事の善悪も区別出来なくなったな。


#3 [匿名さん] :2020/08/01 18:10

1番取りまくる!


#4 [匿名さん] :2020/08/01 18:11

>>3
こんな過疎サイトで…乙


#11 [匿名さん] :2020/08/01 18:22

>>3
次頑張れww