NO.8746714
日本の格差拡大が昭和末期に始まっていた証拠
日本の格差拡大が昭和末期に始まっていた証拠
現実の社会では人々は公平な条件の下におかれているのではなく、個人の努力が報われるとは限らない

新型コロナ禍は日本における格差をさらに拡大させ、中流層が下流に転落するリスクがかつてないほどに高まっている。

日本は“階級社会”化に歯止めがかからず、中流層は消滅していくのだろうか。

「日本人は『1億総中流』崩壊の深刻さを知らない」(2020年8月5日配信)に続いて、社会学者である橋本健二氏の著書『中流崩壊』より一部を抜粋し、お届けする。

■1980年代に入り、格差拡大が始まった
1985年の『国民生活白書』は、戦後40年間の国民生活の変化を跡づけた大部なものだったが、ここには1961年から1983年までの所得と金融資産のジニ係数が示されている。

白書が強調したのは、あくまでも、高度経済成長の過程で所得格差と資産格差がともに急速に縮小したということだった。

しかしいずれについても、近年はわずかながら格差が拡大していることが控えめに記されている。

政府の公式文書が、高度経済成長期以降の日本について格差拡大の事実を認めたのは、1988年の『国民生活白書』が最初だといっていいだろう。もっとも、その認め方は率直とはいいかねる。

1988年といえば、バブル景気が本格化した時期である。

下記の図表で示した「所得再分配調査」による当初所得によるジニ係数は、1980年に0.349と底に達したあと、1983年には0.398と急上昇し、1986年には0.405にも達していた。



【日時】2020年08月12日 8:20
【ソース】東洋経済オンライン
【関連掲示板】





#12 [匿名さん] :2020/08/12 12:44

>>0
小泉&竹中 「格差は悪いことじゃないw」


#37 [匿名さん] :2020/08/12 14:37

>>0
資本主義において皆平等なんてありえない。
只の綺麗事。


#4 [匿名さん] :2020/08/12 12:36

小泉が総理になってから格差が拡大したという実感だけどね


#9 [匿名さん] :2020/08/12 12:39

>>4
あれが総理になったのが日本の一番の失敗。
失敗を認めてるからこそ今は全く表に姿を表さないwww


#13 [匿名さん] :2020/08/12 12:45

>>9
小泉が新自由主義の竹中を重用したのがこれまたいけなかったよね


#25 [匿名さん] :2020/08/12 13:34

昭和末期に始まっていた証拠

神である俺が生まれたから頂点と底辺の格差が広がったんだ


#26 [匿名さん] :2020/08/12 13:53

>>25
お前は神でない。俺が神だ。皆の者、膝まづけ


#29 [匿名さん] :2020/08/12 14:13

>>26
貧乏神様ですね
どうか私には関わらないで下さい


#34 [匿名さん] :2020/08/12 14:23

まあ、その頃はよくわからんが
アベノミクスは嘘っぱちだと証明されたのはガチ
10万一律に配ったら消費が上がった現実
アベノミクスで豊かになったなら、一律給付する前から消費は上がっていたはず


#38 [匿名さん] :2020/08/12 14:40

>>34
コロナでなくても経済強化資金として、毎年半年に一回ぐらいのペースで1人10万ほど支給したら景気良くなります。
みんなが豊かな感じがするまで国が支給し続けるのが1番良い方法です。
1989年から1991年あたりまでの感じになるまでとにかく徹底的に支給です。
昭和から平成に変わったあの前後数年を目標にすべきです。
地価も現在の3〜10倍のレベルに上がるのです。


#35 [匿名さん] :2020/08/12 14:29

政治家・公務員が高給になったら
国は衰退するだけ

簡単なことや!


#39 [匿名さん] :2020/08/12 14:49

>>35
国は衰退しないよ国民が衰退するだけ


#43 [匿名さん] :2020/08/12 15:09

>>39
よう怠け者


#40 [匿名さん] :2020/08/12 14:52

大店法もそーだし…
よく一揆、テロが起こらないと感心するよ


#42 [匿名さん] :2020/08/12 15:08

>>40
バーカ